最近の処方箋薬局は親切で丁寧!

私は、2年ほど前から更年期障害になり、当帰芍薬散という漢方薬を飲んでいます。
漢方薬でも、薬は全て、医師の診察なしでは処方してもらうことができないため、まずは病院に行って、医師の診察を受けました。

薬剤師 患者
以前に、他の産婦人科で処方してもらっていたオースギというメーカーの顆粒タイプの当帰芍薬散という漢方薬がよく効いたので、そのことを医師に話したのですが、「漢方薬は、ツムラのものが一般的で、オースギというメーカーの薬は、薬局によってはない場合もある。できるなら、自分でオースギの加味逍遥散を置いている薬局を探せればいいのだが」と、医師に言われ、「じゃあ、やっぱり、オースギの漢方薬は諦めて、一般的なツムラの漢方薬を処方してもらうようにしたほうがいいのかな」 と思いながら、 待合室でお金を払う順番を待ってました。
すると、病院の事務員の方が気をきかせて、方々の薬局に、オースギの当帰芍薬散がないか電話で聞いて下さり、とても助かりました。
そのおかげで、近くの処方箋薬局に、オースギの当帰芍薬散があることがわかりました。

普通は、病院の事務の方がそこまでしてくれることは考えられないので、病院の事務の方の親切な対応に、少しびっくりしました。
病院の事務の方にお礼を言って、今度は薬局に処方箋を持って行きました。
薬局に行くと、薬剤師さんに、「オースギの当帰芍薬散は、あるにはあるが、30日分には少し足りない」と言われました。「じゃあ、後日、取りに行きます」と、私が言いかけたら、薬剤師さんが、「問診票に書かれた住所で間違いないですか? それでしたら、 足りない分については、こちらの薬局に届き次第、こちらから、その住所にご郵送いたします」と言って下さいました。

私は、足が少し不自由なのもあり、それを気遣って、再度、私が薬局に足を運ばなくてもいいように、薬剤師さんが郵送すると言って下さったのかなと思いました。

私が行ったのは、個人のクリニックでしたので、個々に対応は違ってくるかとは思いますが、一般的に、病院の事務の人や薬剤師さんは、昔より随分対応が親切で、丁寧になっているなという印象です。

最近の処方箋薬局は親切で丁寧!